ep1 Mayday 第1話「理想の家族」

ボート転覆現場で救助に向かったセブライドたちレスキュー3の隊員はボートの中に閉じ込められてしまうが、セブライドの機転でなんとか脱出する。しかし、その最中にクルースが溺れてしまい、その影響から現場でマスクをつけるときに動揺するようになってしまう。モリーズのツケが溜まって困っているギャロに、リッターは以前から誘っていた副業について具体案を練ろうと誘う。そして、その場に居合わせたヴァイオレットも参加することになる。

ep2 Head Count 第2話「かすかな息遣い」

ブレットは本当に緊急対応が必要な人々のための救急車が不足している問題をなんとか解決したいと、上層部に提案できるよう準備し始める。先日起きた事故でのケイシーの救助姿がSNSで話題になり、若者たちがケイシーに会いにくる事態になる。消防局は認知度を上げるいいチャンスだと考えたため、ケイシーはニュースの取材を受けることになる。自動車事故現場の片付けをしていたハーマンは後部座席に幼児が取り残されているのを発見し、すぐに救急車を要請するが…。

ep3 Counting Your Breaths 第3話「再会」

突然ケイシーを訪ねてきたグリフィンはケイシーたちの家でしばらく過ごすことになる。グリフィンは父親ダーデンが殉職したいきさつを詳しく知りたいと言い、ケイシーは彼を当時の現場に連れていき父親の最期について話す。グリフィンはケイシーに心を開き、家族のひどい現状について打ち明ける。話を聞いたケイシーは近いうちに必ず会いに行くことを約束し、グリフィンは家へと帰る。ボーデンは新しい着任先の90分署で地区次長としての仕事を開始する。

ep4 The Right Thing 第4話「親友の息子」

ケイシーが、ダーデンの息子たちの様子を見にオレゴンへ行っている間、はしご第81小隊に代理としてウォルバック小隊長がやってくる。「サイコー」や「一番」という言葉を連発し、人をほめちぎるタイプの上司にマウチとギャロはまんざらでもなかったが、自分たち以外にも同じことを言っていることにイラつき始めて、ついにはマウチが爆発する。一方そのころ、エリックとのマンネリに悩んでいたリッターは、ギャロからあるアドバイスを受ける。

ep5 Two Hundred 第5話「別離」

カイリーが消防局のマニュアルを調べたおかげで、地区次長のオフィスを置くべき署が51分署だったことが判明し、ボーデンは正当な理由で51分署に戻れることになる。ヴァイオレットはデュウィットのところで出会ったカーラがギャロを気にいっているのが見え見えで面白くない。一方、クルースに待望の子供が生まれ、病院で仲間たちにお披露目する。クルースとクロエは、その男の子をブライアン・リオン・クルースと名づけたことと、あだ名はオーチスだということを伝える。

ep6 Dead Zone 第6話「アナログの底力」

51分署に出動要請が入るが、アナウンスを人間がしていたり、現場で別の小隊と鉢合わせしたりと様子がおかしい。その後シカゴの情報通信ネットワークがサイバー攻撃を受け、身代金を支払うまで元に戻らないことが判明。ネットワークが使えなくなったため、911のコールセンターの代理拠点として51分署が選ばれ、アナログ人間のハーマンとマウチが指揮を執ることになる。一方、セブライドはシーガーと組んで教会の火災を調査。神父は犯人から告白を聞いたことを匂わせるが…。

ep7 Whom Shall I Fear? 第7話「恐れを知らぬ者へ」

シーガーとコンビで教会の放火犯を調査していたセブライドは、祈祷書の落書きをヒントに、元用務員のマラーが犯人だということを突き止める。マラーを逮捕するため、シカゴ警察のアトウォーターたちと自宅へ行くが…。同じころ、51分署にはしご隊の代理の小隊長として、ジェイソン・ペラムがやってくる。ペラムは優秀な小隊長だったが、ギャロとなかなか馬が合わず、2人の関係はあまり良くないまま新しいはしご隊はスタートを切る。

ep8 What Happened At Whiskey Point? 第8話「それぞれの理由」

ハーマンがケイシーのオフィスを勝手に使い始める。音楽を聴いたり釘を打つハーマンにセブライドはイラつきを隠せないでいた。一方、マウチとハーマンは、ペラムがしっかりしている割に2年間交代要員でいることに疑問を持ち、ボーデンに進言する。ペラムを常勤に考えていたボーデンは身元調査のため人事資料を取り寄せるが、彼には停職の過去があった。理由は詳しく書かれておらず、ペラムに聞いても話せないと言う。マウチは組合のツテから、ペラムの過去を聞き出すが…。

ep9 Winterfest 第9話「ウィンターフェスト」

ギャロたちが楽しみにしていたウィンターフェストがついに開催される。しかし、ウィンターフェストの最中にギャロはカーラとの関係の終わりを告げ、カーラは明らかに不機嫌になる。そんな中、ベスト地ビールにリッターが初めて醸造したIPAが選ばれるがリッターはそのビールのレシピを記録していなかったため同じ味は二度と再現できないのだった。一方、ブレットはパラメディシンのプレゼンをすることになっており、ホーキンズの機転のおかげでなんとか成功する。

ep10 Back with a Bang 第10話「トンネル事故」

キッドが51分署に戻ってきた。セブライドは、戻ってきたキッドと話し合うが、2人の距離はすぐには縮まらない。キッドはペラム小隊長のはしご81に復帰。早速出動要請がかかり、全小隊がトンネル内の玉突き事故の現場へ出動する。トンネル内で車内に取り残された人を救出する間、リッターはうずくまるディロンを見つける。彼は新米警官で、目の前で燃えている運転手を助けられなかったショックで動けなくなっていた。リッターはどうにかトンネルから連れ出すが…。

ep11 Fog of War 第11話「理不尽な確執」

ヴァイオレットは新生児を蘇生させた件で、本部から表彰されることになるが、ホーキンズとの関係のせいで特別扱いされているのではないかと心配していた。一方、ハーマンはラジオ番組のコーナーで、市内にいる“逃亡者”を見つけたら賞金を貰えるイベントに参加するが結局うまくいかない。同じころ、事故現場で電線が切れ、指示を待たずにそれを押さえようとした37分署の女性消防士マクブライドが感電してしまう。だが彼女はペラムの指示でそうしたと証言し、ペラムは窮地に立たされる。

ep12 Show of Force 第12話「仲間のために」

ペラムの代理としてキッドがはしご81の小隊長を務めることになり、出動早々活躍する。戻ってきたはしご隊隊員たちの反応を見たペラムは、キッドにリーダーの権利があると認め、自分のことを気にするなと伝える。コロナが落ち着き、消防局のパーティー開催が決まる。今年は参加人数を減らすため隊長以上しか出られない。ブレットがサブのパーティーを提案すると、マウチがモリーズパティオを無料で貸してくれることになり、バンドも呼ぶことに。

PAGE
TOP